読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyController

WEB業界素人の僕がまた見返しそうなことのメモです。

【Centosコマンド】あれこれ ※随時追記

centos

忘れすぎる。というか削除コマンドは怖すぎるので慣れるまで確認しまくるのでメモ。

大体はcentos6でも7でも同じはず。

違うのはちゃんと書いておこうと思う。

 

 ■インストール済みかどうか確認

#yum list installed | grep httpd

 

ディレクトリ操作

・ファイルを更新日付順に表示

ls -ltr

 

・複数階層を一括でディレクトリ作成

mkdir -p /var/www/html/aaa/bbb/ccc

 

ディレクトリを指定して表示

ls -d a*

→abc  add 等がでてくる。

 

ディレクトリごと移動

mv work/document/ temp/

 

ディレクトリごと削除

temp-dirディレクトリを内部のファイルごと削除する
$ rm -rf temp-dir

※-r 再帰

※-f 警告無視

 

ディレクトリ内の拡張子がtxtのファイルを削除する

$ rm *.txt

 

ディレクトリごとコピー(権限などもそのまま)

cp -a AAA 

■検索

指定したディレクトリ以下全てこの文字列を検索して出力する
grep -r Twenty_Fifteen /var/www/wordpress/

-nつけると行番号表示

grep出来ないときは下記
find . -type f -name "*.txt" | xargs grep "テスト"

 

■ファイル名検索

find ./ -name memo* -ls

lsはつけなくてもいい。 

 

Apache再起動

centos6
service httpd restart
centos7
systemctl restart httpd


■ログ監視
場所
/var/log/
常に監視
less -f error_log
tail -f error_log
どっちか。

 

■コピー
ディレクトリ内容全てコピー
cp -r hoge/ hoge2
権限もコピー
cp -rau hoge/ hoge2

 

■所有者変更 ディレクトリごと
chown -R www attenir

 

■一度sshでログインしてそこから別サーバに入る方法

ssh -p 2022 ユーザ名@DBサーバ(locahostとか)

 

■CRON

場所すら良く忘れるのでメモ。

tail -10 /var/log/cron

→最後からログを読む