読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyController

WEB業界素人の僕がまた見返しそうなことのメモです。

メール(迷惑メール対策、SPFレコードの設定)

メール

まずは参考サイト。

yuzurus.hatenablog.jp

 

 

 

 

メールログ

tail /var/log/maillog

 

メール送るときの動作
hiromodeからヤフーにメール送る。
※なりすまし対策をする。

hiromodeのGmail>hiromodeのメールサーバ>DNS>相手のメールサーバ

Aレコード
ドメインIPアドレスにひもづけるためのもの WEBサイト

MXレコード
→受信メールサーバ 

spfレコード
→備考欄のようなもの。迷惑メール対策の為に設定必要
●●のサーバからしか送れないよということの証明

SPFはこう書く。

v=spf1 +ip4:153.XXXXXXXX ~all

 


192.168.0.1 WEBサーバ
192.168.0.2 hiromodeメールサーバ ここに名前つけてあげる mail.hiromode.co.jp
192.168.0.3 プログラム入ってるサーバ

A:192.168.0.1
mx:A:mail.hiromode.co.jp
spf:192.168.0.3 これで受信するヤフーはhiromodeからのメールで間違いない事が分かる

 

あと下記もやった。Postfixのメールヘッダとやら。

piyopiyocs.blog115.fc2.com

 

 

DNSでわかってないけどメモ
■hostsファイルの変更
①vi /etc/hosts
127.0.0.1 XXXXXXXX localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1 localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

②vi /etc/sysconfig/network
HOSTNAME=XXXXXXXXX ここにドメイン


③反映
/etc/rc.d/init.d/network resatart

canonical編集
順不動
①return-pathの変更
変更前のを変更後にする
apache@ik1-XXXXX.vs.sakura.ne.jp admin@XXXXXXX.jp
adminっていうのは適当。

②postmap canonicalコマンド実行
勝手にファイルが作られる(/etc/postfix/canonical.db)

③vi /etc/postfix/main.cf
下記を追記
sender_canonical_maps = hash:/etc/postfix/canonical
ついでにmyhostname = XXXXXXXX.jpも記載

postfix再起動
/etc/init.d/postfix restart

 

 

■コマンドでメール送信(最後のドットで終了の意味)

sendmail XXXXXX@XXXXX
From:XXXXXX@XXXXX
To:XXXXXX@XXXXX
Subject:テスト

てすとです

.

 

 

=====

追記

なんか分かったこととか整理したいのでメモ

前提としてサイトに問い合わせフォームを設置して、お客さんが問い合わせる、

その後Fromでお客さんにサンクスメールが届くという想定。

 

・基本的にはサイトのドメインとFromのメアドドメインは揃える必要がある。

もし揃えたくないなら、例えばFromが@hiromode.comにしたいなら、このドメインを持ってるところで設定をしないといけない。SPFとMXレコード両方設定する。

 

 

 

メール送信方法 こっちも使える

echo aaa | mailx -s test xxxxxxxxxxx@hogehoge.co.jp

 

 あとこれで手っ取り早く。

mail -s test hiromode@hogehoge.com

例文

[dacelo@info]$ mail -s テストメール dacelo@example.com
本文です。
.
Cc: copy@example.com(空白でも可)