読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyController

WEB業界素人の僕がまた見返しそうなことのメモです。

最新のrpmとかremiリポジトリとか

いつも分からなくなるので分かったことメモ

CentOSにPHPとMySQLの最新バージョンをYUMでインストールする – kumonchu.com

→ここ役立ちそう。

 

多分こういうところからおとしてきてインストール。

https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-6.noarch.rpm

 

今のところ分かってることは

・バージョンは全て合わせること

 

 

ってか分からなくなるのはいつも緊急でやって事前に手順を調べもしないでがむしゃらにやってるからだと思う。

つまりちゃんと調べてから行動しよう。

 

 

 

vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

 

rpm -qa | grep epel

 

けす
rpm -e remi-release-5-7.el5.remi

 

epelとremiのリポジトリをインストール
$ sudo rpm -Uvh http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

 

php5.6インストール
yum install -y --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-pear php-mbstring php-xml php-mcrypt php-gd php-pecl-xdebug php-opcache php-pecl-apcu php-fpm php-phpunit-PHPUnit php-mysqlnd