vimの初期設定

設定ファイルに記述する方法

ホームディレクトリに.vimrcファイルを作成し.vimrcファイルに以下記載。

 

 

"setting

"文字コードをUFT-8に設定

set fenc=utf-8

" バックアップファイルを作らない

set nobackup

" スワップファイルを作らない

set noswapfile

" 編集中のファイルが変更されたら自動で読み直す

set autoread

" バッファが編集中でもその他のファイルを開けるように

set hidden

" 入力中のコマンドをステータスに表示する

set showcmd

 

 

" 見た目系

" 行番号を表示

set number

" 現在の行を強調表示

set cursorline

" 現在の行を強調表示(縦)

"set cursorcolumn

" 行末の1文字先までカーソルを移動できるように

set virtualedit=onemore

" インデントはスマートインデント

set smartindent

" ビープ音を可視化

set visualbell

" 括弧入力時の対応する括弧を表示

set showmatch

" ステータスラインを常に表示

set laststatus=2

" コマンドラインの補完

set wildmode=list:longest

" 折り返し時に表示行単位での移動できるようにする

nnoremap j gj

nnoremap k gk

 

 

" Tab系

" 不可視文字を可視化(タブが「▸-」と表示される)

set list listchars=tab:\▸\-

" Tab文字を半角スペースにする

set expandtab

" 行頭以外のTab文字の表示幅(スペースいくつ分)

set tabstop=2

" 行頭でのTab文字の表示幅

set shiftwidth=2

 

 

" 検索系

" 検索文字列が小文字の場合は大文字小文字を区別なく検索する

set ignorecase

" 検索文字列に大文字が含まれている場合は区別して検索する

set smartcase

" 検索文字列入力時に順次対象文字列にヒットさせる

set incsearch

" 検索時に最後まで行ったら最初に戻る

set wrapscan

" 検索語をハイライト表示

set hlsearch

" ESC連打でハイライト解除

nmap <Esc><Esc> :nohlsearch<CR><Esc>

 

augroup vimrc-auto-mkdir  " {{{

  autocmd!

  autocmd BufWritePre * call s:auto_mkdir(expand('<afile>:p:h'), v:cmdbang)

  function! s:auto_mkdir(dir, force)  " {{{

    if !isdirectory(a:dir) && (a:force ||

    \    input(printf('"%s" does not exist. Create? [y/N]', a:dir)) =~? '^y\%[es]$')

      call mkdir(iconv(a:dir, &encoding, &termencoding), 'p')

    endif

  endfunction  " }}}

augroup END  " }}}